記事一覧

シアリスの食べ物の影響

シアリスと食事の関係

ED治療薬全般を使用するに当たって、食事には気を付けないといけません。ED治療薬は食べ物の影響を受けやすく、食事を摂っていると吸収が阻害され、効果を発揮しないことがあるからです。そんな中にあって、シアリスは食事の影響を受けづらい薬と言われています。そのため、他のED治療薬に比べると、食事に関して極端に気を遣わずに済むというのが利点です。それでも、食事の影響はゼロではありません。より賢くシアリスを使うためには、その関わりをきちんと理解しておく必要があるでしょう。

シアリスはちゃんと食事を摂れる

食事の量に関してメーカーは、800キロカロリー以下であれば影響は無いと発表しています。800キロカロリーがどの程度のものかと言うと、ラーメンが500キロカロリー、並盛の牛丼で700キロカロリー、カレーライスで800キロカロリーです。これが一応の目安と言えます。てりやきバーガーにポテトを付けると950キロカロリーと言われているので、この辺は気を付けた方が良いでしょう。脂っこいものを食べると、食事に含まれた油が腸に膜を作って、薬の吸収を妨げます。この膜は2時間ほど残ると言われており、油の量が多ければ6時間以上の効果を及ぼすようです。シアリスを使う場合、当日は食べるにしても脂っこいものを控える配慮はしておいた方が良いでしょう。

シアリスを使う上で、食事に関して気を遣うのは大事なことです。そして、一番気になるのがアルコールを飲んでも良いのかという点です。酒と薬は相性が悪いものが多いので、シアリスも避けた方が良いのではないかと感じますが、そんなことはありません。アルコールに関しては、問題なく飲むことが出来ます。むしろ、人によってはリラックスすることに繋がって、より勃起の効果が得られるという人もいるくらいです。ただし、これはシアリスというよりもアルコールの問題で、アルコールは神経を鈍くして、性的刺激を鈍くします。このせいで結果として勃起できなくなるケースもあるので、飲み過ぎにはくれぐれも気を付けてください。

このように、シアリスは非常に食事に関する制限が緩いものとなっています。女性と食事を行うと、その後の性行為もスムーズに進むことが多いので、これは男性にとってありがたい点です。最後に油の他にシアリスと相性が悪いものとして、グレープフルーツがあります。これはシアリスの成分を体内から排出してしまう働きを持つのです。こうした食事の相性は薬を使う上で大事です。しっかりと食事をして、シアリスの効果を楽しんでください。

-記事一覧

Copyright© シアリス|世界で一番人気のあるED治療薬 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.